コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準共有 じゅんきょうゆう

4件 の用語解説(準共有の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準共有
じゅんきょうゆう

所有権以外の財産権を数人が共同で保有することをいう (民法 264) 。これについては特別の規定がないかぎり共有の規定が準用され,また債権については多数当事者の債権に関する規定が適用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐きょうゆう〔‐キヨウイウ〕【準共有】

数人が共同して所有権以外の財産権を所有すること。地上権抵当権特許権著作権などについて生ずる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅんきょうゆう【準共有】

地上権・抵当権・特許権など、所有権以外の財産権を複数の人が所有すること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準共有
じゅんきょうゆう

数人が共同して所有権以外の財産権(たとえば、地上権、抵当権、漁業権、特許権、著作権など)を保有すること。この場合には、法令に別段の定めのある場合を除き、民法の共有に関する規定が準用される(264条)。債権についても準共有は成立するが、この場合には、まず不可分債権の規定(428条以下)が適用されるので、共有の規定が適用される余地は少ない。[竹内俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

準共有の関連キーワード共有地合有準占有消滅時効パートナーシップ共同所有共用部分コーポラス乙区財産権の不可侵

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

準共有の関連情報