コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準共有 じゅんきょうゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準共有
じゅんきょうゆう

所有権以外の財産権数人が共同で保有することをいう (民法 264) 。これについては特別の規定がないかぎり共有の規定が準用され,また債権については多数当事者の債権に関する規定が適用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんきょうゆう【準共有】

地上権・抵当権・特許権など、所有権以外の財産権を複数の人が所有すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準共有
じゅんきょうゆう

数人が共同して所有権以外の財産権(たとえば、地上権、抵当権、漁業権、特許権、著作権など)を保有すること。この場合には、法令に別段の定めのある場合を除き、民法の共有に関する規定が準用される(264条)。債権についても準共有は成立するが、この場合には、まず不可分債権の規定(428条以下)が適用されるので、共有の規定が適用される余地は少ない。[竹内俊雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

準共有の関連キーワード不可分債権・債務自己借地権

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android