コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿台雑話 すんだいざつわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿台雑話
すんだいざつわ

江戸時代中期の随筆集。5巻。室鳩巣著。享保 17 (1732) 年成立。著者 74歳の同 16年に弟子たちと語り合った話を収めたもので,朱子学の立場から武士道を鼓吹しようとしたもの。書名は,著者の家が江戸神田の駿河台にあったところから名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

駿台雑話【すんだいざつわ】

室鳩巣(むろきゅうそう)の随筆。5巻5冊。1732年成立,1750年刊。鳩巣が1731年春〜冬に駿河台(するがだい)の邸を来訪した弟子たちに語りかける体裁で,5巻を仁・義・礼・智・信に分けて,おのおの13〜18話から構成されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すんだいざつわ【駿台雑話】

朱子学者室鳩巣が晩年に著した随筆集。1732年(享保17)成立。没後の50年(寛延3)刊行。5巻。駿河台の邸を来訪した門弟たちに語る体裁で,みずからの学問的経歴を述べた〈老学自叙〉や,著者の学問観,道徳観,人物評,古今の逸話等が教訓風に書かれている。仮名を交えた味のある文章で,名文と評されてもいる。著者の思想はもとより,当時の人物の逸話を知るうえでも役立つ書である。岩波文庫,《日本倫理彙編》所収。【桂島 宣弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

すんだいざつわ【駿台雑話】

随筆集。室鳩巣著。1732年成立。仁・義・礼・智・信の五巻から成る。朱子学者の立場から学問・道徳・政治などに関する意見を述べたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駿台雑話
すんだいざつわ

朱子学者・駿台先生室鳩巣(むろきゅうそう)の江戸時代を代表する随筆集。仁義礼智(ち)信の各集五巻からなる。1732年(享保17)鳩巣75歳のとき、その前年に江戸・駿河台(するがだい)の居宅で諸生に語った雑話を書き集めたもので、同年自序が付され、没後の1748年(寛延1)に刊行された。朱子学を正学とする立場から当時流行の伊藤仁斎(じんさい)の古義学や荻生徂徠(おぎゅうそらい)の古文辞学を批判した。人としての生き方を平易温雅な和文で綴(つづ)って、話題は広く古今和漢の諸事にわたり、政治、道徳から風俗、学問、詩文、軍法にまで及んでいる。議論よりも実行を重んじ、人材の活用を説き、人心を活物(かつぶつ)ととらえるなど、本書に柔軟な姿勢が認められるのは、鳩巣の円熟とともに、そうした面を強調した仁斎や徂徠を意識してのことでもあろう。「後世に至って正学の開くる端にも」なればと執筆された本書が、初版以後、版を重ねて、とくに明和(めいわ)~寛政(かんせい)年間(1764~1801)の朱子学復興に影響を与えた点も見逃すことができない。[高橋博巳]
『『駿台雑話』(『日本随筆大成第三期 第六巻』所収・1977・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

駿台雑話の関連キーワード忽微