コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿台雑話 すんだいざつわ

6件 の用語解説(駿台雑話の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿台雑話
すんだいざつわ

江戸時代中期の随筆集。5巻。室鳩巣著。享保 17 (1732) 年成立。著者 74歳の同 16年に弟子たちと語り合った話を収めたもので,朱子学の立場から武士道を鼓吹しようとしたもの。書名は,著者の家が江戸神田の駿河台にあったところから名づけられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すんだいざつわ【駿台雑話】

江戸中期の随筆。5巻。室鳩巣(むろきゅうそう)著。享保17年(1732)成立。朱子学の立場から学術・道徳を奨励した教訓的な随筆。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

駿台雑話【すんだいざつわ】

室鳩巣(むろきゅうそう)の随筆。5巻5冊。1732年成立,1750年刊。鳩巣が1731年春〜冬に駿河台(するがだい)の邸を来訪した弟子たちに語りかける体裁で,5巻を仁・義・礼・智・信に分けて,おのおの13〜18話から構成されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すんだいざつわ【駿台雑話】

朱子学者室鳩巣が晩年に著した随筆集。1732年(享保17)成立。没後の50年(寛延3)刊行。5巻。駿河台の邸を来訪した門弟たちに語る体裁で,みずからの学問的経歴を述べた〈老学自叙〉や,著者の学問観,道徳観,人物評,古今の逸話等が教訓風に書かれている。仮名を交えた味のある文章で,名文と評されてもいる。著者の思想はもとより,当時の人物の逸話を知るうえでも役立つ書である。岩波文庫,《日本倫理彙編》所収。【桂島 宣弘】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すんだいざつわ【駿台雑話】

随筆集。室鳩巣著。1732年成立。仁・義・礼・智・信の五巻から成る。朱子学者の立場から学問・道徳・政治などに関する意見を述べたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駿台雑話
すんだいざつわ

朱子学者・駿台先生室鳩巣(むろきゅうそう)の江戸時代を代表する随筆集。仁義礼智(ち)信の各集五巻からなる。1732年(享保17)鳩巣75歳のとき、その前年に江戸・駿河台(するがだい)の居宅で諸生に語った雑話を書き集めたもので、同年自序が付され、没後の1748年(寛延1)に刊行された。朱子学を正学とする立場から当時流行の伊藤仁斎(じんさい)の古義学や荻生徂徠(おぎゅうそらい)の古文辞学を批判した。人としての生き方を平易温雅な和文で綴(つづ)って、話題は広く古今和漢の諸事にわたり、政治、道徳から風俗、学問、詩文、軍法にまで及んでいる。議論よりも実行を重んじ、人材の活用を説き、人心を活物(かつぶつ)ととらえるなど、本書に柔軟な姿勢が認められるのは、鳩巣の円熟とともに、そうした面を強調した仁斎や徂徠を意識してのことでもあろう。「後世に至って正学の開くる端にも」なればと執筆された本書が、初版以後、版を重ねて、とくに明和(めいわ)~寛政(かんせい)年間(1764~1801)の朱子学復興に影響を与えた点も見逃すことができない。[高橋博巳]
『『駿台雑話』(『日本随筆大成第三期 第六巻』所収・1977・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駿台雑話の関連キーワード室鳩巣李滉羅欽順朱子学派鈴木貞斎中村蘭林春波楼筆記不亡鈔李斉賢《随筆集》

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駿台雑話の関連情報