コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウナテ

デジタル大辞泉の解説

うな‐て【溝】

田や畑に水を引くみぞ。
「神田(みとしろ)に潤(つ)けむと欲(おもほ)して―を掘る」〈神功紀〉

こう【溝】[漢字項目]

常用漢字] [音]コウ(漢) [訓]みぞ どぶ
掘った水路。「溝渠(こうきょ)側溝排水溝
細長いくぼみ。「海溝・索溝」

せせなぎ【溝】

《古くは「せせなき」》
せせらぎ」に同じ。
「数罟(さくこ)の細密なるを以て―たなもとまで魚の小さいを捕るは」〈四河入海・一三〉
どぶ。下水。せせなげ。
「我が首討って溝(みぞ)―へも踏み込み」〈浄・関八州繋馬〉

せせなげ【溝】

せせなぎ2」に同じ。
「今の身は―に流れる米粒を食ってゐれどな」〈滑・浮世床・二〉

どぶ【溝】

雨水・汚水などが流れるみぞ。

みぞ【溝】

水を流すため、地面を細長く掘ったもの。「にはまる」
細長いくぼみ。「鴨居(かもい)の」「レコードの
人と人との間の意見・感情などのへだたり。「夫婦間のが深まる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こう【溝】

数の単位。穣じようの1万倍。すなわち10の32乗。 〔塵劫記〕

せせなぎ【溝】

せせらぎ 」に同じ。 〔名義抄〕
どぶ。溝みぞ。せせなげ。 「 -の傍に立寄り/甲陽軍鑑 品四八

どぶ【溝】

雨水や汚水などの流れるみぞ。下水のみぞ。下水。 「 -をさらう」
釣りで、淵ふちのこと。

みぞ【溝】

水を流すために地面を細長く掘ったもの。どぶ。
敷居や鴨居などに掘った細長いくぼみ。
人と人との間の感情や関係に生じた隔て。障害。ギャップ。 「両国間の-が深まる」
本の部分の名。本製本で、表紙の平と背の境目にあるくぼんだ部分。本の開きをよくする。 → 製本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

溝の関連キーワード精巧なフルートキャストファロー・キャストスプライン嵌め合いチュウチャイコウ三日月形斜交層理カービングボード鎬彫り・鎬彫溝状層状構造歳勝土遺跡螺子切り盤方形周溝墓廟底溝遺跡さく立て屋台引き比恵遺跡甲陽軍鑑キャズム螺子山塵劫記ルンゼ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

溝の関連情報