コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑り唄 ヌメリウタ

デジタル大辞泉の解説

ぬめり‐うた【滑り唄】

江戸時代、明暦・万治(1655~1661)のころ、遊里を中心に流行した俗謡。滑り節。滑り小唄。
歌舞伎下座音楽の一。主に傾城(けいせい)御殿女中の登場などの際に、三味線・太鼓・摺鉦(すりがね)などを用いて歌いはやすもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬめりうた【滑り唄】

江戸時代、明暦(1655~1658)・万治(1658~1661)頃の小唄の一。江戸の吉原で郭通いの男たちの間にうたわれたもの。ぬめり節。
の唄が下座音楽として残ったもので、役者の出端ではに用いられた。 「 -にて、大橋・傾城にて出る/歌舞伎・幼稚子敵討」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

滑り唄の関連キーワードヌイツ奈良屋茂左衛門明暦如儡子新田義貞と福井小規模保育所天野酒勝山烏川九谷焼