コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滑稽和合人(読み)コッケイワゴウジン

百科事典マイペディアの解説

滑稽和合人【こっけいわごうじん】

江戸後期の滑稽(こっけい)本。1823年―1844年刊。〈滑稽〉は角書(つのがき)。4編13巻。3編まで滝亭鯉丈,4編は為永春水作。《花暦八笑人》と同工異曲で,6人の遊び仲間が茶番の趣向で悪戯(いたずら)をし,悪戯が過ぎて喧嘩(けんか)となり仲直りの旅に出かけるという話。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こっけいわごうじん【滑稽和合人】

滑稽本。四編一三冊。三編まで滝亭鯉丈作、1823~41年刊。四編為永春水作、1844年刊。「花暦八笑人」の姉妹編で、さまざまな悪戯いたずらが失敗する滑稽を描いたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる