コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口・横笛 たきぐちよこぶえ

1件 の用語解説(滝口・横笛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たきぐちよこぶえ【滝口・横笛】

平家物語》巻十〈横笛〉に語られる悲恋物語の主人公。屋島を脱出した平維盛が,高野山滝口入道を訪ねて出家し,また彼を善知識として那智沖で入水するが,滝口入道が登場する初めに,その発心由来譚として語られるのが〈横笛〉の章段である。平重盛(維盛の父)に仕えた斎藤滝口時頼建礼門院の雑仕(ぞうし)横笛を愛したが,横笛の身分が低いゆえに父茂頼のいさめにあい,19歳で出家して嵯峨の往生院に入った。横笛は往生院を訪ねたが,滝口は道心が弱るのを恐れて会わず,高野山にこもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝口・横笛の関連キーワード源平盛衰記鵯越平家物語夜の寝覚葉室時長平家物語らふ盛久『平家物語』佐々木八郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone