コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝口・横笛 たきぐちよこぶえ

世界大百科事典 第2版の解説

たきぐちよこぶえ【滝口・横笛】

《平家物語》巻十〈横笛〉に語られる悲恋物語の主人公。屋島を脱出した平維盛が,高野山滝口入道を訪ねて出家し,また彼を善知識として那智沖で入水するが,滝口入道が登場する初めに,その発心由来譚として語られるのが〈横笛〉の章段である。平重盛(維盛の父)に仕えた斎藤滝口時頼は建礼門院雑仕(ぞうし)横笛を愛したが,横笛の身分が低いゆえに父茂頼のいさめにあい,19歳で出家して嵯峨の往生院に入った。横笛は往生院を訪ねたが,滝口は道心が弱るのを恐れて会わず,高野山にこもった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

滝口・横笛の関連キーワードしっぱり

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android