横笛草子(読み)よこぶえぞうし

世界大百科事典 第2版の解説

よこぶえぞうし【横笛草子】

御伽草子。渋川版の一。建礼門院の御所に使いとして参上した三条の斎藤滝口時頼は,容顔美麗な横笛という女房を一目見て恋い焦がれ,和歌に託して思いのほどを告げる。たびたび文を取り交わし,契りを結ぶ仲となるが,2人の仲を裂こうとする父に従わず,滝口は勘当を告げられる。親への孝か,契りを違えるかに思い悩んだ末,出家を決意して横笛のもとを去る。それとは知らずにむなしく男を待ちわびていた横笛は,ある日,人のうわさに滝口の消息を聞き,一目会おうと嵯峨野の往生院を探し歩く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

メルカリ

スマートフォンで、フリーマーケットの利用ができるアプリ。2013年7月にサービスが開始され、15年11月には、2000万ダウンロードを突破した。運営会社は、株式会社メルカリ。Andoridと、iPho...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android