滴瀝(読み)テキレキ

大辞林 第三版の解説

てきれき【滴瀝】

( 名 ) スル
水などがしたたること。また、そのしずく。したたり。 「小懸泉の岩間に-するあり/日本風景論 重昂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てき‐れき【滴瀝】

〘名〙
① 水などがしたたり落ちること。また、そのしずく。したたり。
※東海一漚別集(1375頃)観音「柳枝露重兮天漿滴瀝」
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉二「市場を緑蔭の裡に張り、清涼滴瀝、客の蝙蝠傘を湿し」 〔拾遺記‐一〇〕
② 酒を飲んで乱れること。また、酒宴などでむりに酒を飲ませること。
※西宮記(969頃)八「五巡後到着者 可三盃 〈略〉非録事手籌 罰三盃、滴瀝、三遅」 〔色葉字類抄(1177‐81)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる