コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滴/雫 シズク

デジタル大辞泉の解説

しずく〔しづく〕【滴/×雫】

[名](スル)したたり落ちる液体の粒。また、それがしたたり落ちること。「―が垂れる」
「―する甲板の欄(てすり)に靠(もた)れて」〈風葉・恋ざめ〉
[補説]人工衛星は別項。→しずく

てき【滴】

[接尾]助数詞。液体のしたたりの数を数えるのに用いる。「一も残さず飲み干す」

てき【滴】[漢字項目]

常用漢字] [音]テキ(漢) [訓]しずく したたる
点々としたたり落ちる水。しずく。「一滴雨滴硯滴(けんてき)残滴水滴点滴余滴
したたる。「滴下

しずく[人工衛星]

第一期水循環変動観測衛星GCOM-W1の愛称。宇宙から地球全体の水蒸気・海面水温・土壌水分雪氷などを10~15年間にわたって観測する。平成24年(2012)5月に打ち上げられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てき【滴】

( 接尾 )
助数詞。数を表す漢語に付いて液体のしたたりの数を数えるのに用いる。 「数-の露」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

滴/雫の関連キーワードボーア‐ホィーラーの核分裂理論トムソンの毛管凝縮式水中油型エマルション兵庫県芦屋市山芦屋町兵庫県三田市藍本キレート滴定テイトの法則ドロプレット電位差滴定法アルカリ滴定非水溶媒滴定酸化還元滴定電流滴定法高周波滴定電導度滴定電位差滴定ヨウ素滴定高周波分析アルカリ度点滴分析

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android