コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業センサス ぎょぎょうセンサス

百科事典マイペディアの解説

漁業センサス【ぎょぎょうセンサス】

最も基本的な水産統計一つとして農林水産省が5年ごとに実施している悉皆(しっかい)調査。これによって,漁業の生産構造を総括的に把握できる。第1次は1949年。
→関連項目産業統計農業統計遊漁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の漁業センサスの言及

【水産統計】より

…(1)水産業の基本構造に関する統計 国,都道府県,市町村等における水産行政の企画,立案,実施の基礎資料となる統計である。〈漁業センサス〉の名称で1949年以来ほぼ5年に1回実施されている(1958年のみ沿岸漁業臨時調査)。おもな統計項目は,漁業経営体数,漁船隻数,漁業世帯数,漁業就業者数等であるが,そのほかに漁港,魚市場,水産加工場,冷蔵庫,造船所,漁村の生活環境等の統計もあわせ作成している。…

※「漁業センサス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漁業センサスの関連情報