水産統計(読み)すいさんとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんとうけい【水産統計】

漁業(養殖業を含む)および水産加工業に関する統計総称統計調査体系が整備されたのは第2次大戦後で,調査機構として農林水産省直轄の統計情報組織(統計情報事務所および同出張所)がある。農水省の行っている主要統計とその内容は次のとおりである。(1)水産業の基本構造に関する統計 国,都道府県市町村等における水産行政の企画,立案,実施の基礎資料となる統計である。〈漁業センサス〉の名称で1949年以来ほぼ5年に1回実施されている(1958年のみ沿岸漁業臨時調査)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産統計の関連情報