コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産統計 すいさんとうけい

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんとうけい【水産統計】

漁業(養殖業を含む)および水産加工業に関する統計の総称。統計調査の体系が整備されたのは第2次大戦後で,調査機構として農林水産省直轄の統計情報組織(統計情報事務所および同出張所)がある。農水省の行っている主要統計とその内容は次のとおりである。(1)水産業の基本構造に関する統計 国,都道府県,市町村等における水産行政の企画,立案,実施の基礎資料となる統計である。〈漁業センサス〉の名称で1949年以来ほぼ5年に1回実施されている(1958年のみ沿岸漁業臨時調査)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

水産統計の関連キーワード農業経営統計調査水産事項特別調査エゾクモダコ農業生産組織採草採貝業農業統計木材市場許可漁業ワカメ大和茶水産学船引網林業

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産統計の関連情報