コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漁業公害 ぎょぎょうこうがい

1件 の用語解説(漁業公害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漁業公害
ぎょぎょうこうがい

漁業は水域を生産活動の場としているため,工場排水,都市排水,農薬や家畜屎尿の流入,船舶からの油の排出,流出などによる水質汚濁の影響を受けやすい。公害による漁業被害は,シアンなどの有害物質による魚介類の斃死,異臭魚の発生や油付着による商品価値の低下,水域環境の変化や水底への有機物の堆積による産卵場,藻場,稚魚育成場の荒廃や生物相の変化など多岐にわたっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone