コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漉し器 こしき

2件 の用語解説(漉し器の意味・用語解説を検索)

食器・調理器具がわかる辞典の解説

こしき【漉し器】

食材をこしたりつぶしたりするのに用いる調理器具日本料理では、裏ごし・すいのう・みそこし・茶こしなど、西洋料理では、シノワ・パソワール中華料理ではジャーレンなどがある。◇「ストレーナー」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

漉し器
こしき

料理の材料を漉し分けたり、つぶすのに用いる器具。目的により各種あるが、材質としては、木の曲物(まげもの)や金属の枠に馬毛の網、絹布、金網、ナイロン網などを張ったものがある。また、だしを漉す、油を漉すといった特殊な目的に使われるものや、西洋料理用のシノアchinois(フランス語)、パソワールpassoire(フランス語)、中国料理用の漏勺(ロウシャオ)(炸鏈(ジャーリエン))などがある。金属枠に金網を張った金漉(かなご)しは、野菜の繊維や魚・肉の筋を漉し分けるのに適し、絹漉しはきめの細かい黄身酢やごま豆腐の材料などを漉すときに用いる。また馬毛を張った毛漉しやナイロン網を張ったものは、裏漉し用に使われる。金属製の穴のあいた三角錘形のシノアは、スープやソースを漉すために、金属の枠の底に金網を張ったパソワールは、主として油漉しに、金属板に穴が多数あいた杓子(しゃくし)である漏勺は、油や湯の中の材料をすくい上げるのに使用する。このほか茶漉し、みそ漉し、コーヒー漉しなどの漉し器もある。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漉し器の関連キーワード梅肉フライ返し目潰し焼き鏝鉤縄攪土器鮫皮取潰し寄棒乾煎り/空煎り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

漉し器の関連情報