コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字三音考 かんじさんおんこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢字三音考
かんじさんおんこう

本居宣長著。1巻。天明5 (1785) 年刊。「皇国の音」および呉音漢音唐音の3種の漢字音について述べたもの。「外国の音と違ってわが皇国の音は正しく純粋であり,半濁音のような不正な音はわが国の古語にはない」などの国粋主義的な見解も述べている。しかし一方,呉音は中国南方音であり,日本には古くから伝わり,いまでも仏書に使われているのに対し,漢音は中原の音であり,呉音のあとに伝わったが,正音として広められたとする呉音漢音の由来や,音便の整理などにすぐれた考えを出している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

かんじさんおんこう【漢字三音考】

音韻書。一巻。本居宣長のりなが著。1785年刊。日本語の音と、漢字の三音(漢音・呉音・唐音)について説いたもの。付録では音便について総括的に述べている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

漢字三音考の関連キーワード音韻学一巻字音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android