コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢字仮名交り文 かんじかなまじりぶん

1件 の用語解説(漢字仮名交り文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢字仮名交り文
かんじかなまじりぶん

日本語の表記法の一つ。漢字とかなとを併用する方法。かなにはひらがな片仮名万葉がなが含まれ,このうちのひらがなを用いた漢字ひらがな交り文が現代の標準的表記。歴史的には,すでに奈良時代から宣命体や漢文訓読文の表記にみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

漢字仮名交り文の関連キーワード日本語入力システム漢語吏読国語辞典字典表記法邦字仮名漢字変換KEK

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone