漢字仮名交り文(読み)かんじかなまじりぶん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

漢字仮名交り文
かんじかなまじりぶん

日本語の表記法の一つ。漢字とかなとを併用する方法。かなにはひらがな片仮名万葉がなが含まれ,このうちのひらがなを用いた漢字ひらがな交り文が現代の標準的表記。歴史的には,すでに奈良時代から宣命体漢文訓読文の表記にみられる。現在の問題としては,漢字をどの程度使用するかということや,送り仮名表記の問題などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android