コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

漢才 カラザエ

デジタル大辞泉の解説

から‐ざえ【才】

《「さえ」は「さい」の音変化》中国の学問に通じていて、漢詩文を作ることに巧みなこと。また、その才能。かんさい。
「―はよくて、詩などは、いみじく作られけれど」〈愚管抄・三〉

かん‐ざい【漢才】

《「かんさい」とも》学の才。漢籍に精通し、巧みに詩文を作る能力。からざえ。かんざえ。「和魂漢才

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

からざえ【漢才】

漢籍に通じ、詩文に巧みな才。かんざい。 「 -はよくて、詩などいみじく作られけれど/愚管 3

かんざい【漢才】

〔「かんさい」とも〕
中国の学問に通じ、漢詩文を巧みに作る才能。からざえ。 「和魂-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の漢才の言及

【大和魂】より

…その際,〈才(ざえ)を本(もと)としてこそ,大和魂(やまとだましい)の世に用ひらるゝ方(かた)も,強う侍らめ〉と述べている。ここでは(1)大和魂は才(漢学の素養,漢才(からざえ))と反対の概念をなしていること,(2)本(もと)が才であり,したがって,末に位置するものが大和魂であること,(3)大和魂の属性として〈世に用ひらるゝ方〉すなわち処世的手腕・功利主義的判断能力が考えられていたこと,この三つの特性が認められる。従来の源氏注釈家たちは,〈大和魂〉について,世才,良識,先天的にそなわった気ばたらき,融通のきく常識的政治判断,世渡りの才能,交際上手,如才なさ,実人生に対する理解力,などの解釈を与えている。…

※「漢才」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

漢才の関連キーワード催・債・再・哉・塞・妻・宰・彩・才・採・斎・最・柴・栽・歳・殺・済・濟・災・犀・猜・砕・砦・碎・祭・細・菜・裁・西・賽・載・采・際・齋和魂漢才・和魂洋才倭・和・話儀同三司母士魂商才菅家遺誡和魂洋才高階貴子和魂漢才大和魂坂十仏

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android