コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和魂漢才 わこんかんさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和魂漢才
わこんかんさい

和魂」は日本民族固有の精神,「漢才」は中国伝来の知識,学問をいう。 10世紀頃より現れた概念で,日本固有の精神をもって中国の学問を吸収,消化することを意味し,日本の文化,学問の特質をなすにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

わこん‐かんさい【和魂漢才】

《「菅家遺誡(かんけいかい)」から。もとは、学問から得た知識と実生活上の才知の意で、総合的な判断力をさした語》中国の学問を学んで、それを日本固有の精神に即して消化すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わこんかんさい【和魂漢才】

〔「菅家遺誡」から〕
日本固有の精神と中国渡来の学問。日本固有の精神を失わないで、中国の学問を消化・活用するべきである、の意。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

和魂漢才の関連キーワード催・債・再・哉・塞・妻・宰・彩・才・採・斎・最・柴・栽・歳・殺・済・濟・災・犀・猜・砕・砦・碎・祭・細・菜・裁・西・賽・載・采・際・齋和魂漢才・和魂洋才倭・和・話和魂洋才士魂商才大和魂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和魂漢才の関連情報