漬ける(読み)ツケル

デジタル大辞泉「漬ける」の解説

つ・ける【漬ける/浸ける】

[動カ下一][文]つ・く[カ下二]
水などの中に入れておく。ひたす。「洗濯物を水に―・ける」「豆を一晩―・けておく」
(漬ける)食材を、塩・ぬか味噌みそこうじなどの中に入れて、味をしみこませる。漬物にする。「梅の実を塩で―・ける」「大根を―・ける」
[用法]つける・ひたす――「足を湯につける(ひたす)」「魚を醤油につける(ひたす)」など、液体の中に入れる意では通じて用いられる。◇「塩につける」「味噌につける」「大根をつける」「白菜をつける」は「つける」だけの用法で、「ひたす」は使わない。◇「布切れにアルコールをひたす」のように液体を含ませることは「つける」とは言わない。◇「ひたす」は液体を染み込ませ、ぬれた状態にすることに重点があり、「つける」は液体やその他のものの中に沈め入れることに重点がある。◇「漬け物」は塩をかけ重しを加えて一定時間そのままにしておくが、「し物」は熱湯でさっとゆでるだけである。
[類語]浸る漬かる浸す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android