コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五家 ゴケ

大辞林 第三版の解説

ごけ【五家】

唐末から南宋にかけて栄えた中国の禅宗の五宗派。臨済・潙仰いぎよう・曹洞そうとう・雲門・法眼の五宗派。五派。
真宗の五本山。東本願寺・西本願寺・仏光寺・錦織寺・専修寺をいう。
日本画の狩野派の五家。狩野安信(中橋)・同尚信(木挽町)・同守信(鍛冶橋)・同洞雲(駿河台)・同随川(浜町)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の五家の言及

【臨済宗】より

…禅宗五家(ごけ)の一つ。中国唐代の禅宗は,大別して玉泉神秀(ぎよくせんじんしゆう)の北宗禅と曹渓慧能(そうけいえのう)の南宗禅の2流に分けられるが,漸悟を説く北宗禅は早く衰微した。…

※「五家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

五家の関連キーワード九州中央山地国定公園熊本県八代市泉町樅木榎並屋勘左衛門小川[町]宮原[町]小川〈町〉砥用[町]栴檀轟の滝泉〈村〉五家七宗五家の法雲門文偃左座太郎文章軌範新撰髄脳潙山霊祐狩野安信山本南陽曹洞宗楊岐派

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五家の関連情報