潜在的カリキュラム(読み)せんざいてきカリキュラム(英語表記)latent curriculum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潜在的カリキュラム
せんざいてきカリキュラム
latent curriculum

言明されることなく潜在的に伝達され,受容されるカリキュラム。この場合のカリキュラムとは,学校で生徒が得た経験の総体を指す。生徒は単に明示的な教育目標に従って計画的につくられたカリキュラムを学ぶだけではなく,学校における制度・組織的仕組み,物理的・空間的配置,文化,風土,教師生徒間・生徒同士の人間関係などの特殊な舞台装置や相互作用を通して,体系的にある一定の教育内容が教え込まれる。こうした暗黙のうちに教え込まれる知識,規律,規範は社会秩序の再生産にとって無視できない力をもっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android