コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

潰瘍性食道炎 かいようせいしょくどうえんulcerative esophagitis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

潰瘍性食道炎
かいようせいしょくどうえん
ulcerative esophagitis

食道の炎症が強くなって潰瘍を形成したもので,急性慢性に分けられる。急性のものは,薬物中毒が原因となったり,脳手術後などに発生する。慢性のものは,胃カテーテルのような異物や周辺の腫瘍によって食道壁が圧迫刺激されて起ることもあるが,ほとんどは胃液の高度の逆流がある場合に生じる。治療には刺激性の食物を避け,安静を保つことが大切であるが,手術が必要なこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android