濡場(読み)ぬれば

精選版 日本国語大辞典「濡場」の解説

ぬれ‐ば【濡場】

〘名〙 男女情事を演じる芝居の場面。また、ひろく情事の場面。濡幕。ラブシーン。
※人情本・契情肝粒志(1825‐27)初「何れのお座敷も皆、拍子幕の分廻(ぶんまは)しで、後がぬれ場(ば)で御座ります」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android