(読み)タク

精選版 日本国語大辞典の解説

いす・ぐ【濯】

〘他ガ四〙 (「ゆすぐ(濯)」の変化した語) ゆり動かして洗う。ざっと洗う。洗濯のあと水洗いする。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)早何「盞をいすいてまいれ飛鳥川〈西六〉」

すすぎ【濯】

〘名〙 (動詞「すすぐ(濯)」の連用形の名詞化)
① すすぐこと。水で洗ってきれいにすること。
※岩瀬本詩学大成抄(1558‐70頃)五「月に三度すすきのいとまがあるぞ。此を休沐と云ぞ」
② 特に、足を洗うこと。また、そのための水や湯。
※雑俳・冠付五百題(1857)「思ひがけのふ・お洗(すす)ぎだけじゃ白湯でナト」
※対髑髏(1890)〈幸田露伴〉一「御洗足(ススギ)の湯持て参らん」

ゆすぎ【濯】

〘名〙 (動詞「ゆすぐ(濯)」の連用形の名詞化) ゆすぐこと。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「先刻の娘が大きな金盥にゆすぎの水をとって、手拭を添へて持って来た」

ゆす・ぐ【濯】

〘他ガ五(四)〙 ゆり動かして洗う。ざっと洗う。いすぐ。〔男重宝記(元祿六年)(1693)〕
※夏の流れ(1966)〈丸山健二〉一「台所に行って歯を磨き、口をゆすいだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

濯の関連情報