コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬田貞二 せた ていじ

1件 の用語解説(瀬田貞二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬田貞二 せた-ていじ

1916-1979 昭和時代後期の翻訳家,児童文学者。
大正5年4月26日生まれ。昭和24年平凡社にはいり,百科事典などの編集のかたわら,ルイスナルニア国ものがたり」やトールキン「ホビットの冒険」「指輪物語」などを翻訳,紹介。遺稿に評論「落穂ひろい―日本の子どもの文化をめぐる人びと」がある。昭和54年8月21日死去。63歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の瀬田貞二の言及

【児童文学】より

… そのほかの諸国からひろうと,スイスのJ.シュピーリの《ハイジ(アルプスの少女)》(1881)とウィースJ.R.Wyssの《スイスのロビンソン》(1812‐13),ハンガリーのF.モルナールの《パール街の少年たち》(1907),チェコスロバキアのK.チャペックの《童話集》(1932)が見落とせない。【瀬田 貞二】【菅原 啓州】
[カナダ,オーストラリア,ニュージーランド]
 カナダにはL.M.モンゴメリーの《赤毛のアン》(1908)があるが,本領はE.T.シートンやロバーツG.D.Robertsによって19世紀末から開拓された動物物語にあり,その伝統はモワットF.Mowat《ぼくのペットはふくろう》(1961),バンフォードS.Bunford《信じられない旅》(1977)に息づいている。オーストラリアの近年の児童文学の隆盛はめざましい。…

【百科事典】より

…テーマ別。イギリスのA.ミーの事典に触発されている)が早く,第2次大戦後では瀬田貞二らによる平凡社版《児童百科事典》(1951‐56,24巻。五十音順)が意欲的な展開を試みている。…

※「瀬田貞二」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

瀬田貞二の関連キーワード青井陽治大塚勇三恩地三保子加藤朝鳥白木茂千種堅千葉掬香原佑正木篤松本恵子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬田貞二の関連情報