コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬越憲作 せごえ けんさく

3件 の用語解説(瀬越憲作の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

瀬越憲作

棋士。囲碁九段。広島県生。昭和47年(1972)歿、83才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬越憲作 せごえ-けんさく

1889-1972 大正-昭和時代の囲碁棋士。
明治22年5月22日生まれ。41年上京,方円社にはいる。大正11年鈴木為次郎らと裨聖(ひせい)会をおこし,時間制対局を採用。13年日本棋院創立に参加,昭和17年8段。20年理事長となり,碁界の復興と碁の国際普及につくした。30年名誉9段。門下に橋本宇太郎,呉清源(ご-せいげん)ら。昭和47年7月27日死去。83歳。平成21年囲碁殿堂入り。広島県出身。著作に「御城碁譜」「明治碁譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬越憲作
せごえけんさく

[生]1889.5.22. 広島
[没]1972.7.27. 東京
囲碁棋士名誉9段。1908年方円社で「飛びつき3段」を許された。1922年雁金準一鈴木為次郎,高部道平(当時いずれも 6段)らと稗聖会(はいせいかい)を結成。1924年日本棋院創立に参加。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬越憲作の関連キーワード梶原武雄喜多文子日下包夫鈴木為次郎林裕半田道玄前田陳爾増淵辰子宮下秀洋安永一

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬越憲作の関連情報