コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬越憲作 せごえ けんさく

美術人名辞典の解説

瀬越憲作

棋士。囲碁九段。広島県生。昭和47年(1972)歿、83才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

瀬越憲作 せごえ-けんさく

1889-1972 大正-昭和時代の囲碁棋士。
明治22年5月22日生まれ。41年上京,方円社にはいる。大正11年鈴木為次郎らと裨聖(ひせい)会をおこし,時間制対局を採用。13年日本棋院創立に参加,昭和17年8段。20年理事長となり,碁界の復興と碁の国際普及につくした。30年名誉9段。門下橋本宇太郎,呉清源(ご-せいげん)ら。昭和47年7月27日死去。83歳。平成21年囲碁殿堂入り。広島県出身。著作に「御城碁譜」「明治碁譜」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬越憲作
せごえけんさく

[生]1889.5.22. 広島
[没]1972.7.27. 東京
囲碁棋士名誉9段。1908年方円社で「飛びつき3段」を許された。1922年雁金準一,鈴木為次郎,高部道平(当時いずれも 6段)らと稗聖会(はいせいかい)を結成。1924年日本棋院創立に参加。1946年日本棋院の「戦後復興」に際し理事長となる。囲碁の国際普及に尽力し 1966年勲二等瑞宝章受章。1972年,老衰を苦に自殺。門下に橋本宇太郎呉清源らがいる。主著『御城碁譜』『明治碁譜』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

瀬越憲作の関連キーワード鈴木 為次郎雁金 準一昭和時代棋士

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android