火事息子

世界大百科事典 第2版の解説

かじむすこ【火事息子】

落語。原話は《笑の友》(1801∥享和1)所収の〈恩愛〉。質屋の息子が火消し人足になって勘当された。質屋の近所で出火し,番頭が蔵の目塗りにまごつくとき,息子が来て手伝った。番頭の機転で親子対面ののち,母親は,息子に黒羽二重の紋付に仙台平の袴をはかせて小僧を供につけるという。父親が〈どこへやる気だ〉と聞くと,〈火事のお蔭で会えましたから,火元へ礼にやりましょう〉。落ちはぶっつけ落ち。【興津 要】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android