コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火事息子

2件 の用語解説(火事息子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

火事息子

古典落語の演目のひとつ。七代目春風亭柳橋が得意とした。オチは考えオチ。主な登場人物は、親子。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かじむすこ【火事息子】

落語。原話は《笑の友》(1801∥享和1)所収の〈恩愛〉。質屋の息子が火消し人足になって勘当された。質屋の近所で出火し,番頭が蔵の目塗りにまごつくとき,息子が来て手伝った。番頭の機転で親子対面ののち,母親は,息子に黒羽二重の紋付に仙台平の袴をはかせて小僧を供につけるという。父親が〈どこへやる気だ〉と聞くと,〈火事のお蔭で会えましたから,火元へ礼にやりましょう〉。落ちはぶっつけ落ち。【興津 要

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

火事息子の関連キーワード畑中銅脈安原正郷誹風末摘花享和原話心の友方外の友小咄本たちぎれ線香

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

火事息子の関連情報