コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火元 ヒモト

デジタル大辞泉の解説

ひ‐もと【火元】

火を使う所。火のもと。
火事を出した家。出火した場所。
事件・騒ぎなどを引き起こすもととなった人。「うわさの火元

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひもと【火元】

火事を起こしたところ。火事を出した家。
火のあるところ。火のもと。
うわさや流行などの出どころ。
(「火本・火下」とも書く)香元こうもと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

火元の関連キーワード福知山市の花火大会会場爆発事故石勝線の特急列車脱線炎上事故神戸市長田区の3人死亡火災bucket relay投げ消すサット119エコ火は火元から騒ぎ出すションベン横丁の火災薪を抱きて火を救う法隆寺金堂の火災新宿ゴールデン街フリソデヤナギロンドン大火若喜旅館本店バケツリレーロシア革命東住吉事件香元・香本明暦の大火化学消防車火の見櫓

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火元の関連情報