火元(読み)ひもと

精選版 日本国語大辞典「火元」の解説

ひ‐もと【火元】

〘名〙
出火した所。火災を起こした家。
※学習院本方丈記(1212)「一夜の中に塵灰と成にき、ひもとは樋口富小路とかや」
② (比喩的に用いて) 事件や騒動などを引き起こすもとになった者。
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉二二「又しても喧嘩か、多吉どんお聴かせと問はるるにわれが火元(ヒモト)
③ 火をつかう所。ひのもと。
※軍隊内務令(1943)三九「火元及燈火管制の取締のに任ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「火元」の解説

ひ‐もと【火元】

火を使う所。火のもと。
火事を出した家。出火した場所。
事件・騒ぎなどを引き起こすもととなった人。「うわさの火元
[類語]火事火災火難出火失火炎上大火小火ぼや小火しょうか自火近火急火怪火不審祝融しゅくゆう回禄かいろく大火災大火事山火事火の海焼失焼亡焼尽丸焼け半焼け全焼半焼火の元類焼貰い火延焼飛び火引火猛火火の手下火鎮火消火火消し消防火事場焼け跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android