コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火刑台上のジャンヌ・ダルク

デジタル大辞泉プラスの解説

火刑台上のジャンヌ・ダルク

スイスの作曲家アルチュール・オネゲルの劇的オラトリオ(1935、41)。原題《Jeanne d'Arc au bûcher》。台本はポール・クローデルジャンヌ・ダルクの過去の回想と、火刑に処される様子を描いている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火刑台上のジャンヌ・ダルク
かけいだいじょうのじゃんぬだるく
Jeanne d'Arc au Bcher

フランスの作曲家アルチュール・オネゲルが詩人ポール・クローデルの協力によって作曲した劇的オラトリオ。プロローグと11景からなる。1938年演奏会形式により初演(バーゼル)。51年パリで舞台初上演。物語の筋を順に追うのではなく、火刑台上のジャンヌが過去のできごとを一つ一つ回想する形をとっているため、叙事的性格よりも叙情的性格が強い。オネゲルは、ジャンヌを含む主役にテキストを歌わせず語らせることによって、文学作品としてのイメージを保ち、総合芸術的な作品をつくることに成功した。多彩な管弦楽による音画的描写、合唱の強い表出力、中世・ルネサンス音楽の導入などが音楽面の特徴といえよう。日本初演は1959年(昭和34)。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火刑台上のジャンヌ・ダルクの関連情報