火刑台上のジャンヌ・ダルク

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火刑台上のジャンヌ・ダルク
かけいだいじょうのじゃんぬだるく
Jeanne d'Arc au Bcher

フランスの作曲家アルチュール・オネゲルが詩人ポール・クローデルの協力によって作曲した劇的オラトリオ。プロローグと11景からなる。1938年演奏会形式により初演(バーゼル)。51年パリで舞台初上演。物語の筋を順に追うのではなく、火刑台上のジャンヌが過去のできごとを一つ一つ回想する形をとっているため、叙事的性格よりも叙情的性格が強い。オネゲルは、ジャンヌを含む主役にテキストを歌わせず語らせることによって、文学作品としてのイメージを保ち、総合芸術的な作品をつくることに成功した。多彩な管弦楽による音画的描写、合唱の強い表出力、中世・ルネサンス音楽の導入などが音楽面の特徴といえよう。日本初演は1959年(昭和34)。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火刑台上のジャンヌ・ダルクの関連情報