コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰とダイヤモンド

3件 の用語解説(灰とダイヤモンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

灰とダイヤモンド

1958年公開のポーランド映画。原題《Popiół i diament》。原作はイェジ・アンジェイエフスキによる同名の小説。監督:アンジェイ・ワイダ、出演:ズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジジェフスカ、バクラフ・ザストルジンスキーほか。1959年、第20回ベネチア国際映画祭で国際映画批評家連盟賞を受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

はいとダイヤモンド【灰とダイヤモンド】

ポーランドの作家アンジェイェフスキの長編小説。1948年刊。第二次大戦直後のポーランド社会の混乱と政治的葛藤を描いた問題作。58年、ワイダによって映画化され、国際的に有名になった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰とダイヤモンド
はいとだいやもんど
Popii Diament

ポーランドの作家アンジェイエフスキの長編小説。1948年刊。ナチス・ドイツ敗戦の直前、ポーランドのある地方都市の郊外で、2人の労働者が党幹部と誤認され射殺される。難を逃れたその党幹部シチュウカも、テロリスト、マチェックにやがて殺されてしまう。戦争にもてあそばれた人々が織り成す人間模様のなかで、マチェックも酒場の若い女への愛からテロリストとの決別を誓うが、自らの過ちで警備兵に射殺されてしまう。再生に向かう祖国の内部矛盾を描きながらも、新たな出発への明るい予感を抱かせるそのタッチは、多くの共感をよび、戦後文学の傑作の一つとして高い評価を受ける。原作者アンジェイエフスキも脚色に加わり、58年にアンジェイ・ワイダ監督が映画化。マチェックを主人公とし、若いテロリストの破滅を、再生する祖国の状況のなかに描く。「ポーランド派」の代表作として各国で多くの支持を集めた。58年(昭和33)日本公開。[山田正明]
『川上洸訳『灰とダイヤモンド』(旺文社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

灰とダイヤモンドの関連キーワード岸信介内閣テレビドラマ新共和国連合上野山功一モノコックボディ高田(福岡県)光の科学史アイトマートフアラビア石油[株]ケラワック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灰とダイヤモンドの関連情報