一宇(読み)いちう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一宇
いちう

徳島県中北部,つるぎ町南部の旧村域。剣山 (1955m) の北に広がり,四国山地の北斜面にあたる。 1889年村制。 2005年貞光町,半田町と合体してつるぎ町となる。かつては南朝方の阿波山岳武士の拠点であった。剣山の北斜面は雨が少なく林業には不適で,タバコ,カキ,クリを産した。剣山登山口の一つで,一川沿いの国道 438号線が登山道となっており,近年は川沿いの景勝地を利用した観光開発が進む。貞光川に土釜の奇勝がある。郷土芸能の雨乞い踊りが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いち‐う【一宇】

《「宇」は軒・屋根の意》
一棟(ひとむね)の家・建物。「一宇の堂」
屋根を同じくすること。「八紘(はっこう)一宇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちう【一宇】

〔「宇」は軒あるいは屋根の意〕
屋根を同じくすること。一つ屋根の下に暮らすこと。 「八紘-」
一軒の家・建物。 「 -の御堂あり/平家 灌頂

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一宇の関連情報