筑豊炭田(読み)ちくほうたんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筑豊炭田
ちくほうたんでん

福岡県北東部から中部,遠賀川流域に分布する炭田の総称。南北約 47km,東西約 12~28km。含炭層は古第三紀層で,瀝青炭が主で弱粘結性のものが多い。南部の一部では無煙炭やコークス化された煽石を産した。石炭は文明 10 (1478) 年頃家庭燃料として使用された記録があり,江戸時代には製塩の燃料であった。 1881年目尾 (しゃかのお) で蒸気力利用による動力排水に成功,91年筑豊興業鉄道 (若松折尾直方) の開通を契機に大手炭鉱会社が進出し飛躍的に発展,繁栄した。最高の出炭量は 1940年の 2078万t。第2次世界大戦後は 50年の朝鮮戦争のとき一時好景気ではあったが,60年頃から石炭産業の斜陽化が急速になって閉山が相次ぎ,深刻な社会問題を引起した。その後産炭地域振興臨時措置法 (1961) などに基づき,炭鉱地域の市村の再生を目指して現在も各種の施策を展開している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

筑豊炭田【ちくほうたんでん】

福岡県遠賀(おんが)川流域一帯,約800km2におよぶ炭田。夾炭層は第三紀層の直方(のおがた)・大辻・芦屋3層に分かれ,主として歴青炭を産した。江戸中期から採掘が進み,明治20年代に近代産業の発展に伴い出炭量が激増,明治末期には全国の50%を産出する日本最大の炭田となった。第2次大戦後も傾斜生産方式により復興したが,1950年代末以降,炭田の老衰化,石炭合理化政策などによって,1950年に255を数えた炭鉱も相次いで休・閉山した。→石炭産業
→関連項目赤池[町]飯塚[市]糸田[町]大任[町]川崎[町]北九州工業地帯鞍手[町]小竹[町]添田[町]筑豊本線直方[市]穂波[町]水巻[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくほうたんでん【筑豊炭田】

福岡県遠賀川流域にある炭田。古第三紀の直方層群,大辻層群に約20枚の炭層が東西13~20km,南北50kmにわたり存在し,日本有数の炭田であった。炭層の層厚は1~5m,東へ30度前後傾斜し,東限は断層で基盤岩に接している。炭質は大部分歴青炭であるが,炭田南部では火成岩の逬入(へいにゆう)による熱変成を受け無煙炭や煽石(せんせき)(天然コークス)がある。埋蔵量は約7億9000万tであり,かつては北九州工業地帯をひかえて栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちくほうたんでん【筑豊炭田】

福岡県北部、遠賀川流域に広がる炭田。1955年(昭和30)頃までは産炭量は日本一であったが、現在はほぼ全炭鉱が閉山した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑豊炭田
ちくほうたんでん

福岡県北部、遠賀(おんが)川流域にある全国有数の炭田。田川(たがわ)、嘉麻(かま)、飯塚(いいづか)、直方(のおがた)、中間(なかま)の5市を中心に面積約800平方キロメートル。夾炭(きょうたん)層は古第三紀層の芦屋(あしや)、大辻(おおつじ)、直方の三層群で、最下位の直方層群を主要夾炭層とし、おもに弱粘結性の瀝青炭(れきせいたん)を産し、埋蔵量は約25億トン。日本ではもっとも開発の歴史が古く、15世紀末には地元農家の家庭用として採炭が始まり、享保(きょうほう)年間(1716~1736)に製塩用に利用されるようになったが、明治10年代より本格的な開発が始められ、八幡(やはた)製鉄所の創業が発展を加速させた。明治末期には全国出炭量の過半を占め、1940年(昭和15)には史上最高2077万トンの出炭量を記録、北九州工業地帯の重要な立地条件となり、日本産業全体の発展にも大きな役割を果たした。第二次世界大戦後、1957年(昭和32)に出炭量は1500万トンまで回復したが、1960年代に入り石炭産業の合理化政策の推進によって衰退を始め、最盛期には300近くあった炭鉱も、筑豊最大の三井(みつい)田川をはじめ、三菱(みつびし)飯塚、日鉄二瀬(ふたせ)、麻生(あそう)、貝島など多数の炭鉱が次々に閉山、1983年には稼行中の炭鉱はほぼ皆無となり、筑豊炭田の灯は消えた。その結果、筑豊地域は壊滅的な打撃を受けて、多数の失業者の出現、鉱害の発生などにより人口は激減した。地域振興のために産炭地域振興臨時措置法(1961)などによって企業誘致が進んだが、小規模なものが多く、十分な成果があがっているとはいいがたい。現在北部を中心に大規模工業団地が造成され、1992年(平成4)に宮田(みやた)町(現、宮若市)でトヨタ自動車九州が操業を開始するなど、北九州工業地帯に続く工業地帯としての発展が期待されている。[石黒正紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の筑豊炭田の言及

【石炭】より

…一方,幕末には蒸気船の必要を痛感した江戸幕府は,その燃料にあてるべき石炭を筑豊5郡に求め,御用炭として毎年若松から江戸に送らせた。明治維新後,石炭の需要急増とともに設備も近代化され,筑豊炭田は全国の石炭生産高の半分以上を占めるほどになった。 長崎港外の高島炭鉱は,宝永年間(1704‐11)に五平太というものが採掘に従ったのがそもそもの始まりと伝えられ,九州地方で石炭を〈五平太〉と称するのはこれに由来する。…

【直方平野】より

… 弥生時代前期の遠賀川式土器で知られるように,古くから開けた水田地帯で,有数の米産地であった。明治中期からの筑豊炭田の大規模な開発によって日本一の鉱業地域が形成され,密集した炭住やボタ山などの活気ある景観を現出した。しかし平野下部の古第三紀層から大量の地下水を排水しながら採炭したため,水没田その他の激しい鉱害を生じ,1950年代後半からの石炭合理化政策によって,下流域だけで80近くもあった炭鉱は75年にはすべて姿を消した。…

※「筑豊炭田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑豊炭田の関連情報