コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬波温泉 せなみおんせん

4件 の用語解説(瀬波温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬波温泉
せなみおんせん

新潟県北部,村上市の日本海に面する温泉。かつては漁港町であったが,1904年温泉が発見され,現在では砂丘沿いに県北部最大の温泉街を形成。泉質は食塩泉,硫黄泉。泉温 100℃。リウマチ,創傷,痛風に効能。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せなみ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【瀬波温泉】

新潟県北部、村上市にある温泉。日本海の瀬波海岸に面する。泉質は塩化物泉。明治37年(1904)、石油井戸掘削の際に発見された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕瀬波温泉(せなみおんせん)


新潟県北部、村上(むらかみ)市の瀬波海岸にわく行楽向きの温泉。明治末期、石油掘削のさいに噴出し、松林の中に温泉街が発展した。沖に粟(あわ)島を望む海岸にあり、夏季は海水浴客でにぎわう。近くに県民いこいの森、北東約3kmの三面(みおもて)川畔にサーモンパークがある。ナトリウム-塩化物泉。泉温98℃。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬波温泉
せなみおんせん

新潟県北部、村上(むらかみ)市の日本海岸にある温泉。1904年(明治37)下越(かえつ)石油会社が石油井戸を掘った際に噴出した温泉で、100℃前後の熱湯がいまも噴き上げて全旅館の泉源をなしている。背後の小山からの粟(あわ)島や佐渡島の眺めがすばらしく、夏は海水浴も楽しめる。泉質は塩化物泉。村上の鮭文化を紹介した「イヨボヤ会館」や鱸(すずき)ヶ池の名所があり、村上茶、堆朱(ついしゅ)、温泉まんじゅうが名物。JR羽越本線村上駅からバスで15分。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬波温泉の関連情報