コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬波温泉 せなみおんせん

4件 の用語解説(瀬波温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瀬波温泉
せなみおんせん

新潟県北部,村上市の日本海に面する温泉。かつては漁港町であったが,1904年温泉が発見され,現在では砂丘沿いに県北部最大の温泉街を形成。泉質は食塩泉,硫黄泉。泉温 100℃。リウマチ,創傷,痛風に効能。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せなみ‐おんせん〔‐ヲンセン〕【瀬波温泉】

新潟県北部、村上市にある温泉。日本海の瀬波海岸に面する。泉質は塩化物泉。明治37年(1904)、石油井戸掘削の際に発見された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔新潟県〕瀬波温泉(せなみおんせん)


新潟県北部、村上(むらかみ)市の瀬波海岸にわく行楽向きの温泉。明治末期、石油掘削のさいに噴出し、松林の中に温泉街が発展した。沖に粟(あわ)島を望む海岸にあり、夏季は海水浴客でにぎわう。近くに県民いこいの森、北東約3kmの三面(みおもて)川畔にサーモンパークがある。ナトリウム-塩化物泉。泉温98℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

瀬波温泉
せなみおんせん

新潟県北部、村上(むらかみ)市の日本海岸にある温泉。1904年(明治37)下越(かえつ)石油会社が石油井戸を掘った際に噴出した温泉で、100℃前後の熱湯がいまも噴き上げて全旅館の泉源をなしている。背後の小山からの粟(あわ)島や佐渡島の眺めがすばらしく、夏は海水浴も楽しめる。泉質は塩化物泉。村上の鮭文化を紹介した「イヨボヤ会館」や鱸(すずき)ヶ池の名所があり、村上茶、堆朱(ついしゅ)、温泉まんじゅうが名物。JR羽越本線村上駅からバスで15分。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

瀬波温泉の関連キーワード村上村上市営ぶどうスキー場新潟県村上市瀬波新潟県村上市瀬波温泉新潟県村上市瀬波上町新潟県村上市瀬波新田町新潟県村上市瀬波中町新潟県村上市瀬波浜町新潟県村上市瀬波横町新潟県村上市村上

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

瀬波温泉の関連情報