点綴(読み)テンセツ

デジタル大辞泉の解説

てん‐せつ【点×綴】

てんてい(点綴)」の慣用読み

てん‐てい【点×綴】

[名](スル)《慣用読みで「てんせつ」とも》ひとつひとつをつづり合わせること。また、物がほどよく散らばっていること。てんてつ。
「ところどころに冬枯れの寂しさを―している」〈犀星・街と家家との遠方〉

てん‐てつ【点×綴】

[名](スル)てんてい(点綴)」に同じ。
「まだらに白壁の―する素朴な田舎家の集団」〈谷崎・吉野葛〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんせつ【点綴】

( 名 ) スル
「てんてい(点綴)」の慣用読み。 「一大奇岩水の中央に屹立し、紅葉青松その間に-し/日光山の奥 花袋

てんてい【点綴】

( 名 ) スル
点を打ったように、物がほどよく散らばること。また、散らばっている物をほどよく綴つづり合わせること。てんてつ。てんせつ。 「茅屋の-せるあり/欺かざるの記 独歩

てんてつ【点綴】

( 名 ) スル
「てんてい(点綴)」の慣用読み。 「蝙蝠の様に吸ひ付いた人間を二三ヶ所-した挿絵があつた/それから 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐せつ【点綴】

〘名〙 =てんてい(点綴)〔布令字弁(1868‐72)〕

てん‐てい【点綴】

〘名〙 ものがほどよく散らばっていること。また、うまく散らばらせてそれをり合わせること。てんてつ
※四河入海(17C前)一二「風景を点綴して、曲折とねんごろに詩中に収拾して云て」 〔晉書‐謝朗伝〕

てん‐てつ【点綴】

〘名〙 =てんてい(点綴)〔漢語字類(1869)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点綴の関連情報