コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為我説 いがせつ

1件 の用語解説(為我説の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いがせつ【為我説】

中国,戦国時代に楊朱のとなえた学説。〈我が為にする個人主義の立場であり,〈一毛を抜いて天下を利するも為さざるなり〉と徹底していた。しかし独善ではなく,また利己に傾いたものでもない。個人としての主体性を確立し,社会的ないっさいのものに干渉されない安定を確保しようとしたのである。墨子の兼愛説とは正反対であったが,ともに一時に盛行し,孟子によって〈父を無(な)みし君を無みす〉と非難された。【日原 利国】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

為我説の関連キーワード七雄荀子楊朱学説春秋戦国時代鉄剣楊家正名論

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone