為我説(読み)いがせつ

世界大百科事典 第2版の解説

いがせつ【為我説】

中国,戦国時代に楊朱のとなえた学説。〈我が為にする〉個人主義の立場であり,〈一毛を抜いて天下を利するも為さざるなり〉と徹底していた。しかし独善ではなく,また利己に傾いたものでもない。個人としての主体性を確立し,社会的ないっさいのものに干渉されない安定を確保しようとしたのである。墨子の兼愛説とは正反対であったが,ともに一時に盛行し,孟子によって〈父を無(な)みし君を無みす〉と非難された。【日原 利国

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android