コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無夢一清 むむ いっせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

無夢一清 むむ-いっせい

むぼう-いっせい

無夢一清 むぼう-いっせい

1294-1368 南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)2年生まれ。臨済(りんざい)宗。玉渓慧瑃(ぎょっけい-えしゅん)の法をつぐ。嘉元(かげん)年間元(げん)(中国)にわたり,廬山(ろざん)の竜巌徳真,百丈山の東陽徳輝らに師事。観応(かんのう)元=正平(しょうへい)5年(1350)帰国,備中(びっちゅう)(岡山県)宝福寺,京都東福寺の住持となった。応安元=正平23年5月24日死去。75歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

無夢一清の関連キーワード南北朝時代永仁

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android