無理式(読み)ムリシキ

百科事典マイペディアの解説

無理式【むりしき】

有理式でない式の意味であるが,通常は根号の中に変数が含まれている式をいう。無理式で表される関数を無理関数という。→無理数

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むりしき【無理式 irrational expression】

のように式の中に根号を含み,しかも根号の中に少なくとも一つの変数を含むものを無理式という。は無理式であるが,は無理式ではない。無理式は通常は実数の範囲内で考える。たとえば無理式で定義された関数の定義域はx≧-1であり,また平方根は正(または0)のほうをとるものとする。したがってのグラフは図1の形をしている。またのグラフは図2の形をしている。【上野 健爾】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むりしき【無理式】

〘数〙 有理式でない代数式。式を整理したとき、根号の中に文字を含む代数式。 ⇔ 有理式

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android