コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無線ロボット観測 むせんロボットかんそく radio robot observation

2件 の用語解説(無線ロボット観測の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無線ロボット観測
むせんロボットかんそく
radio robot observation

気象観測など離れた場所での各種の観測を無線連絡によって自動機械に行わせ,その結果を無線テレメータで観測する無人観測法。雨量,気圧,積雪などをはかる気象用ロボットなどがその例である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

無線ロボット観測【むせんロボットかんそく】

観測員が常駐することが不適当な場所に気象または海象の測器を置き,電波による遠隔測定で観測データ自動的に送信する方式。日本では無線ロボット雨量計,無線ロボット検潮儀などが広く使用される。
→関連項目ロボット

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

無線ロボット観測の関連キーワード改正配る適不適布置不適不適当ロケハン灯台守爆発凝灰岩測候所の廃止

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone