無線ロボット観測(読み)むせんロボットかんそく(英語表記)radio robot observation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無線ロボット観測
むせんロボットかんそく
radio robot observation

気象観測など離れた場所での各種の観測を無線連絡によって自動機械に行わせ,その結果を無線テレメータで観測する無人観測法。雨量,気圧,積雪などをはかる気象用ロボットなどがその例である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

無線ロボット観測【むせんロボットかんそく】

観測員が常駐することが不適当な場所に気象または海象の測器を置き,電波による遠隔測定で観測データを自動的に送信する方式。日本では無線ロボット雨量計,無線ロボット検潮儀などが広く使用される。ラジオゾンデ,レーウィンなども含まれ,また地球大気開発計画では海洋上の観測に各種の自動観測用ブイロボットが用いられた。1974年以降,無線ロボット雨量計はAMeDAS(アメダス)に組み込まれている。
→関連項目ロボット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android