コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正業 ショウゴウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ごう〔シヤウゴフ〕【正業】

仏語。
正しい行い。清浄な生活をすること。八正道の一。
正定業(しょうじょうごう)」の略。⇔助業

せい‐ぎょう〔‐ゲフ〕【正業】

社会で容認されている、まともな職業。堅気の商売。「正業に就く」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうごう【正業】

〘仏〙
八正道の一。身体のおこないを正しくすること。
正定業しようじようごう 」に同じ。 ↔ 助業

せいぎょう【正業】

まじめな職業。かたぎの仕事。 「 -につく」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正業
しょうごう

八正道」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の正業の言及

【仏教】より

…(4)道諦(どうたい) この,苦の滅を達成するために実践すべき正しい道で,8項ある(八正道(はつしようどう))。すなわち,(a)正しい物の見方(正見),(b)正しい心のもち方(正思),(c)正しい言葉遣い(正語),(d)正しい行動――不殺生,不偸盗などの戒を守る(正業),(e)正しい生活(正命),(f)正しい努力精進(正精進),(g)正しく教えを憶念する(正念),(h)正しい禅定の修習(正定)。 以上の四諦は苦因→苦,道の実践による苦因の滅→苦の滅という2種の互いに相反する方向の因果関係を含む。…

※「正業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

正業の関連キーワード仰・凝・尭・形・暁・曉・業・行・驍都道府県の公共調達改革に関する指針one click ware伝法(無料見物・無銭飲食)八正道・八聖道ドロップアウト職業選択の自由N. ローザ門田 正経日本俠客伝婦人補導院飯岡助五郎杉良太郎和気時雨鶴田丹蔵高橋泥舟木下逸雲足を洗うローザ尼崎藩

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正業の関連情報