コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊谷箕山 くまがい きざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊谷箕山 くまがい-きざん

1729-1799 江戸時代中期の儒者。
享保(きょうほう)14年生まれ。江戸で井上金峨(きんが)にまなび,京都でおしえた。和歌もよくした。亀田鵬斎(ほうさい)らと親交があった。寛政11年10月12日死去。71歳。下野(しもつけ)(栃木県)出身。名は尚之。字(あざな)は履善。通称は平一郎。著作に「通史捷覧」「東遊漫稿」「箕山遺集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

熊谷箕山の関連キーワードブラウンブラウンブラウン(Charles Brockden Brown)石田梅岩竹内式部日本の医学史(年表)スパランツァーニパリーニ岸紹易森岡玞卜

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android