コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野別当 くまのべっとう

2件 の用語解説(熊野別当の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

くまのべっとう【熊野別当】

紀州熊野三山(本宮,新宮,那智)を統轄,管理した首長。《熊野別当代々次第(熊野別当補任記)》は812年(弘仁3)就任の第1代別当快慶より1282年(弘安5)就任の第31代別当正湛までの代々を挙げ,《熊野山別当次第》では禅洞から正湛までの次第を記し,両者は初代から7代までの世代の一致をみないが,熊野別当は平安期のかなり早い時代に成立したと思われる。1090年(寛治4)に白河上皇は熊野に御幸あり,先達を務めた園城寺の増誉僧正を熊野三山検校に補し,熊野別当の長快を法橋に叙した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熊野別当
くまのべっとう

熊野別当とは、古代後期から中世前期にかけて神仏習合(しんぶつしゅうごう)によって熊野信仰を確立させた、紀伊半島の熊野三山に奉仕する社僧や神官・山伏(やまぶし)たちの実務上の最高管掌者をさす。『権記(ごんき)』長保2年(1000)条に、『諸山縁起』所収「本宮別当次第」で初代別当とされた増皇(ぞうこう)の名前が初出する。熊野参詣の盛行につれて、以前から熊野三山を組織的に管理する必要性を感じていた白河上皇は、1090年(寛治4)に別当の上に熊野三山検校(けんぎょう)職を新設し、別当長快を法橋(ほっきょう)位に据えることで、三山を中央寺社勢力の秩序に組み込んだ。以後、熊野別当家は牟婁(むろ)郡・日高(ひだか)郡内で在地領主化し、熊野三山や三山領荘園を実質的に支配するようになったが、別当湛増(たんぞう)・行快(ぎょうかい)・範命(はんめい)の時代に全盛期を迎えた。しかし、熊野水軍の一斉蜂起後、地元の新興武士団や外部から定着した新興武士団がおのおの独自の行動をとり始め、別当家の統制に従わなくなったため、1350年(観応1)に登場した別当快宣(かいせん)を最後に、歴史の舞台から消えていった。[阪本敏行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の熊野別当の言及

【米良氏】より

…熊野那智山の神職社僧として栄えた豪族で,代々那智実報院(実方院)を本拠とした。その祖は藤原実方中将といわれ,その子,僧泰救以来の熊野別当家の一門に属し,法橋範永を氏の祖とする。熊野参詣の道者を宿泊させ祈禱,参拝の導師を務める御師(おし)の職を世襲し,多数の熊野先達を配下において全国に師檀関係を広げ,山内で最も勢力のある院家となった。…

※「熊野別当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone