コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱る/熅る イキル

デジタル大辞泉の解説

いき・る【熱る/×熅る】

[動ラ四]
あつくなる。ほてる。むしむしする。
「眼かかやき、耳―・り、血のみちのび」〈醍醐寺本遊仙窟康永三年点〉
激しく怒る。
「てかけは―・って、とがもない伝三郎にいひかぶせしゃるなと」〈浄・卯月の紅葉

ほとお・る〔ほとほる〕【熱る】

[動ラ四]
熱を発する。熱くなる。また、ほてる。ほとぼる。
「胸―・りて、堪へ忍びがたし」〈沙石集・五本〉
腹を立てる。怒る。
「さるべきこともなきを―・りいで給ふ」〈・一六二〉

ほとぼ・る【熱る】

[動ラ五(四)]熱を発する。熱くなる。
「火箸ワマダ―・ッテイル」〈和英語林集成

ほと・る【熱る】

[動ラ五(四)]熱くなる。熱を帯びる。ほてる。
「頭ガ―・ル」〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほとおる【熱る】

( 動四 )
熱気を発する。特に、病気などで発熱する。ほてる。 「三日-・りて疱瘡出で/浮世草子・武道伝来記 8
腹をたてる。怒る。憤慨する。 「さるべきこともなきを、-・りいで給ふ/枕草子 162

ほとぼる【熱る】

( 動五[四] )
〔「熱ほとおる」の転〕
熱くなる。熱気を発する。ほとる。 「火箸ワマダ-・ッテイル/ヘボン 三版

ほとる【熱る】

( 動五[四] )
〔「熱ほとおる」の転〕
熱くなる。熱を発する。また、病気などで体が熱くなる。ほてる。 「 - ・つて来た頰を手で押えた/家 藤村

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

熱る/熅るの関連キーワード浮世草子発火点枕草子藤村熱気

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android