コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱田大宮司季範 あつただいぐうじ すえのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熱田大宮司季範 あつただいぐうじ-すえのり

1090-1155 平安時代後期の神職。
寛治(かんじ)4年生まれ。熱田大宮司季兼(すえかね)の長男。娘は源頼朝の母。外祖父尾張員職(おわり-かずもと)から尾張(愛知県)熱田神宮の大宮司職をゆずられ,以後子孫が大宮司職を世襲した。久寿2年12月2日死去。66歳。本姓は藤原。通称は額田冠者(ぬかたのかじゃ)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

熱田大宮司季範
あつただいぐうじすえのり
(1090―1155)

平安後期の熱田大宮司。藤原南家貞嗣(さだつぐ)の子孫といわれる。父は尾張(おわり)国目代(もくだい)藤原季兼(すえかね)、母は熱田大宮司尾張員職(かずもと)の女(むすめ)。幼少のころ三河国額田(ぬかだ)に住していたため、額田冠者(かじゃ)と号した。成人後、尾張国目代となった機会に、外祖父員職から熱田大宮司職の譲与を受け、藤原氏による初代大宮司となった。しかも、季範の子範忠(のりただ)、範雅(のりまさ)もともに大宮司職についたため、以後、大宮司職は尾張氏を離れ、藤原氏の世襲するところとなった。なお季範の一女子は、源家の棟梁(とうりょう)源義朝(よしとも)に嫁して頼朝(よりとも)を生んだ。季範はのち従(じゅ)四位に叙せられ、久寿(きゅうじゅ)2年12月2日、66歳で没した。[鈴木国弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

熱田大宮司季範の関連キーワード三条局(2)藤原季範源希義寛治

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android