コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熱電気発電 ねつでんきはつでんthermoelectric generation of electricity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電気発電
ねつでんきはつでん
thermoelectric generation of electricity

熱起電力を利用した発電。普通はp型の半導体を接合した多数の熱電対素子として,直列並列に組合せて使う。熱源としては太陽熱燃焼熱などを利用する。熱効率はきわめて低く 10%以下である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の熱電気発電の言及

【温度差発電】より

…温度が低く温度差が20℃くらいと小さいので作動流体としてはアンモニアやフロンが用いられる。金属や半導体に温度差を与えると電流が流れるゼーベック効果を利用する熱電気発電と組み合わせることも考えられる。発電した電力はケーブルで送電されるが,長距離の場合は困難もあるので離島への電力供給から実用に入るものと期待されている。…

※「熱電気発電」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熱電気発電の関連キーワード直接エネルギー変換熱電効果直接発電熱電発電熱電気

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android