コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼熱 ネンショウネツ

5件 の用語解説(燃焼熱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねんしょう‐ねつ〔ネンセウ‐〕【燃焼熱】

物質が完全燃焼するときに発生する反応熱。通常、物質1モルまたは1グラム当たりの熱量カロリーで表す。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

燃焼熱【ねんしょうねつ】

物質が酸素と化合して完全に燃焼するときに発生する熱量。普通,物質1gまたは1モルについての値をいう。多くの場合燃焼により気体を発生したり,また熱によって容積の変化がみられるので,比較のためには条件を一定にする(定圧燃焼熱定容燃焼熱)。
→関連項目反応熱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

燃焼熱

 燃焼価ともいう.物質を酸素の十分存在する条件下で燃焼したときに発生する熱量.体内では,高圧酸素のもとで燃焼させたときに発生する熱に比べて,完全燃焼はせず,糞や尿に一部エネルギーをもつ物質が排泄されるので,それらの燃焼熱を差し引いて,食品の生理的燃焼熱 (physiological fuel value) を求める.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ねんしょうねつ【燃焼熱 heat of combustion】

反応熱の一種で,とくに燃焼反応に伴う熱量変化を指す。この場合,燃焼を定圧下で行う場合の定圧燃焼熱⊿Hと,定容下で行う定容燃焼熱⊿Uとが定義されるが,両者の差は⊿H-⊿U=⊿nRT(⊿nは反応に伴う気体の物質量の変化,Rは気体定数,Tは絶対温度)で与えられる。ボンベ熱量計を用いて直接測定されるが,〈ヘスの法則〉を使えば被燃焼物質の標準生成熱に換算することができ,さらに分子の結合エネルギーを導くなど,熱化学では重要なデータとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねんしょうねつ【燃焼熱】

物質が酸素と化合して完全燃焼したときに発生する熱量。普通、物質の1モルまたは1グラム 当たりの熱量で表す。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燃焼熱の関連キーワード吸熱反応発熱量ヘスの法則明反応中和熱熱化学方程式発色反応反応熱総熱量一定の法則反応熱加成則

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燃焼熱の関連情報