コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燃焼熱 ネンショウネツ

デジタル大辞泉の解説

ねんしょう‐ねつ〔ネンセウ‐〕【燃焼熱】

物質が完全燃焼するときに発生する反応熱。通常、物質1モルまたは1グラム当たりの熱量カロリーで表す。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

燃焼熱【ねんしょうねつ】

物質が酸素と化合して完全に燃焼するときに発生する熱量。普通,物質1gまたは1モルについての値をいう。多くの場合燃焼により気体を発生したり,また熱によって容積の変化がみられるので,比較のためには条件を一定にする(定圧燃焼熱,定容燃焼熱)。
→関連項目反応熱

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

燃焼熱

 燃焼価ともいう.物質を酸素の十分存在する条件下で燃焼したときに発生する熱量.体内では,高圧酸素のもとで燃焼させたときに発生する熱に比べて,完全燃焼はせず,糞や尿に一部エネルギーをもつ物質が排泄されるので,それらの燃焼熱を差し引いて,食品の生理的燃焼熱 (physiological fuel value) を求める.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねんしょうねつ【燃焼熱 heat of combustion】

反応熱の一種で,とくに燃焼反応に伴う熱量変化を指す。この場合,燃焼を定圧下で行う場合の定圧燃焼熱⊿Hと,定容下で行う定容燃焼熱⊿Uとが定義されるが,両者の差は⊿H-⊿U=⊿nRT(⊿nは反応に伴う気体の物質量の変化,Rは気体定数,Tは絶対温度)で与えられる。ボンベ熱量計を用いて直接測定されるが,〈ヘスの法則〉を使えば被燃焼物質の標準生成熱に換算することができ,さらに分子の結合エネルギーを導くなど,熱化学では重要なデータとなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ねんしょうねつ【燃焼熱】

物質が酸素と化合して完全燃焼したときに発生する熱量。普通、物質の1モルまたは1グラム 当たりの熱量で表す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

燃焼熱の関連キーワードニトロメタン(データノート)みかけの可消化エネルギープロパン(データノート)共鳴安定化エネルギーボンブカロリメーターエネルギー換算係数エネルギー変換効率酸素アセチレン溶接マグネシウムの性質アトウォーター係数エネルギー含量トリグリセリド代謝エネルギー正味エネルギー航空エンジンルブナー係数生理的燃焼価ボンベ熱量計エネルギー価ボンブ熱量計

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃焼熱の関連情報