熱電気(読み)ねつでんき(英語表記)thermoelectricity; thermal electricity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電気
ねつでんき
thermoelectricity; thermal electricity

2種の導体の接点に生じる熱起電力,または逆に電流を流すことによる熱の発生など,熱エネルギーと電気エネルギーが互いに変換し合う現象をいう。ゼーベック効果ペルチエ効果トムソン効果などがある。電子冷却,熱電気発電などに応用されている。また熱電気現象の理論的解析が W.トムソンや L.オンサーガーによってなされ,不可逆過程熱力学への道が開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の熱電気の言及

【熱起電力】より

…前述のゼーベック効果は,ペルチエ効果,トムソン効果の複合効果と考えることもできる。なお,これらの現象を,熱電気あるいは熱電気現象と総称することもある。【笠木 伸英】。…

※「熱電気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱電気の関連情報