熱電気(読み)ねつでんき(英語表記)thermoelectricity; thermal electricity

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熱電気
ねつでんき
thermoelectricity; thermal electricity

2種の導体の接点に生じる熱起電力,または逆に電流を流すことによる熱の発生など,熱エネルギーと電気エネルギーが互いに変換し合う現象をいう。ゼーベック効果ペルチエ効果トムソン効果などがある。電子冷却,熱電気発電などに応用されている。また熱電気現象の理論的解析が W.トムソンや L.オンサーガーによってなされ,不可逆過程熱力学への道が開かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の熱電気の言及

【熱起電力】より

…前述のゼーベック効果は,ペルチエ効果,トムソン効果の複合効果と考えることもできる。なお,これらの現象を,熱電気あるいは熱電気現象と総称することもある。【笠木 伸英】。…

※「熱電気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

熱電気の関連情報