(読み)ネン

精選版 日本国語大辞典の解説

もえ【燃】

〘名〙 (動詞「もえる(燃)」の連用形の名詞化) もえること。燃えるぐあい。
※目撃者の反省(1941)〈杉山英樹〉「オンドルの煙道を傾斜させぬから、燃えがわるく」

も・える【燃】

〘自ア下一(ヤ下一)〙 も・ゆ 〘自ヤ下二〙
① 火がついて、炎が立つ。焼けて、炎がおこり立つ。燃焼する。
※古事記(712)中・歌謡「さねさし 相摸(さがむ)の小野に 毛由流(モユル)火の 火中に立ちて 問ひし君はも」
② 炎のような光を放つ。陽炎(かげろう)の光や蛍の光、また、夏のきびしい陽光などの形容に用いる。《季・夏》
※古事記(712)下・歌謡「埴生坂 我が立ち見れば かぎろひの 毛由流(モユル)家群 妻が家のあたり」
③ ある感情に動かされて、気持が高ぶる。悲しみや怒り、また、感動などで胸が熱くなる。
※万葉(8C後)五・八九七「五月蠅(さばへ)なす 騒く児どもを 打棄(うつ)てては 死は知らず 見つつあれば 心は母延(モエ)ぬ かにかくに 思ひわづらひ 哭のみし泣かゆ」
④ 赤い色がひじょうに鮮やかに輝くたとえ。→燃えるよう
※写生紀行(1922)〈寺田寅彦〉「庭には赤いダーリアが燃えて居た」

も・す【燃】

〘他サ五(四)〙 もやす。焚(た)く。
※康頼本草(1379‐91頃)本草木部上品之上集「墨 味辛无毒。和末川於毛須計无乃須美。又云加良須美」

もや・す【燃】

〘他サ五(四)〙
① 燃えるようにする。物に火をつける。燃す。たく。
※竹取(9C末‐10C初)「御文、〈略〉火をつけてもやすべきよし仰せ給ふ」
② 感情や意欲で心を高ぶらせる。からだを熱くする。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ミノ ホムラヲ moyaite(モヤイテ) ソシリマワッテ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「一旦燃(モヤ)された彼の念(おもひ)は」
③ おこったように言う。〔新撰大阪詞大全(1841)〕

も・ゆ【燃】

〘自ヤ下二〙 ⇒もえる(燃)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

燃の関連情報