コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕石雑志(読み)エンセキザッシ

世界大百科事典 第2版の解説

えんせきざっし【燕石雑志】

江戸時代の考証随筆。滝沢解(とく)(曲亭馬琴)著。1811年(文化8)刊。大本6冊。小説執筆に際して,常に古諺,歴史,地誌などの克明な考証を怠らなかった馬琴が,日の神,鬼神余論以下,全59条にわたって考証した随筆集。なかんずく,日本の古伝承,古風俗に対して,精細かつ独自な見解が示され,〈桃太郎〉〈舌切雀〉〈猿蟹合戦〉などの考証は珍しく,貴重である。巻尾に引用書として和漢238部の書名をあげている。【高田 衛】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんせきざっし【燕石雑志】

随筆。五巻。曲亭馬琴著。1811年刊。漢籍から集録した「日の神」「古歌の訛」「鬼神余論」「俗呪方」などの諸編や、著者の見聞などが記される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる