コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舌切雀 したきりすずめ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

舌切雀
したきりすずめ

日本に伝わる五大昔話 (御伽話) の一つ。動物昔話。正直な爺が飼っていたすずめが,隣のの糊をなめたので婆はすずめの舌を切ってしまう。爺は舌切りすずめのお宿をたずねていくと大変もてなされて,帰りにみやげをもらい,帰って開けてみると,宝物が出てくる。それを聞いた婆が,同じようにお宿をたずねて,重いつづらをもらって帰る。開けると,中から三つ目小僧などが出てきて,婆は驚き死ぬ。原型は,川上からうりが流れてきてすずめが出てきたとか,鳥籠が流れてくるという話であることから,もとは「桃太郎」などと同一系統の昔話であったと考えられる。糊は異常誕生譚に常にある食物で,その一挿話が変化したものといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

舌切雀【したきりすずめ】

糊(のり)をなめて婆(ばば)に舌を切られた雀の昔話。やさしい爺(じじ)は雀の宿をたずね宝物をもらうが,婆はそれをまねして失敗。雀の報恩談は,腰折れ雀を助けた恩返しに米のなる(ふくべ)をもらう話など類話が多く,《宇治拾遺物語》にもみえ,朝鮮,中国にもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

したきりすずめ【舌切雀】

昔話。飼っていたスズメが糊をなめたので,飼主がスズメの舌を切る。スズメは迫害を逃れて山へ去る。後日スズメを探しに行った心清い爺婆に富を授け,それを真似た者には災いを与えると語る本格昔話。五大お伽噺の一つ。一般的には,婆が舌を切り,欲ばりをして大きな土産を望み,ハチや蛇にかまれて手ひどい目にあうとされる。しかし,舌を切る役が爺であることも少なくない。スズメと爺婆との出会いについても,怪我をしたスズメを介抱することに始まるもの,籠に入った姿で川上から流れ寄ったのを拾い育てるものなど種々に語られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の舌切雀の言及

【スズメ(雀)】より

…スズメの色彩はじみで,人々に注目されることは少なかったが,喉部(こうぶ)の黒色模様が特徴的なので,昔話の〈雀孝行〉では親の臨終の知らせにあわてたスズメが御歯黒をつけそこない,それが模様になったとする由来譚が語られている。白いスズメは来福の兆しと考えられたが,昔話でも〈舌切雀〉のように,スズメは人間に富を与える鳥としても語られた。《宇治拾遺物語》にも,腰を折られたスズメを老婆が助けたところ,そのスズメがヒョウタンの種子をもたらし,成長したヒョウタンの中から白米が生じたとするスズメの報恩譚が見える。…

※「舌切雀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

舌切雀の関連キーワード見るなの座敷燕石雑志鱗形屋童話赤本

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android