コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トク

デジタル大辞泉の解説

とく【牘】[漢字項目]

[音]トク(漢)
文字を書き記す木の札。文書。手紙。「簡牘尺牘(せきとく)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のの言及

【本】より

…竹はおおむね25~75cmの長さの簡(竹のふだ)で,これに8~30字くらいを1行に書く。30~100字くらいまでを書く必要のあるときは,ふつう90cm2の牘(とく)(木のふだ)を用いる。しかし100字以上を必要とする場合には,簡を何本でもなめし革で編みつらねたもの,すなわち〈冊(さく)〉をつくる。…

※「牘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

牘の関連キーワード建炎以来繋年要録江陵鳳凰山漢墓官曹事類目録竹簡・木簡簡牘・竿牘シャバンヌ李柏文書居延漢簡無隠道費薩南学派小野蘭山中井竹山柳田正斎内藤風虎新興蒙所沢田東洋北山橘庵風信帖古文書十七帖