コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

簡牘/竿牘 カンドク

デジタル大辞泉の解説

かん‐どく【簡×牘/×竿×牘】

《「かんとく」とも。「簡」は竹の札、「」は木の札。昔、紙のなかったころ文字を書き付けたところから》
手紙。書簡。簡札(かんさつ)。尺牘(せきとく)。
文書。書き物。書札。牘書(とくしょ)。
「その―を読むに非(あら)ざれば」〈中村訳・西国立志編

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かんとく【簡牘 jiǎn dú】

中国で紙が普及する以前に用いられた書写材料。竹のふだを竹簡,木のふだを木牘といい,両者をあわせて簡牘とよぶ。遺物としては戦国(前4世紀)から晋代(後4世紀)まであるが,漢代のものが圧倒的に多い。標準的な形は漢の例でいうと,長さ約23cm(漢の1尺),幅1~2cm,厚さ2~3mmの細長いふだである。この1枚には1行で40字,2行で80字程度の文字が収まり,それ以上の長文になると,簡牘を並べてすだれのように麻や皮の紐でつなぎ合わす方法がとられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の簡牘/竿牘の言及

【江陵】より

…現在までのところ竹簡の遺物としては最古に属し,墨書された2000余字は楚の文字研究には欠かせない一等資料である。また73年以後には紀南城内の鳳凰山一帯で多数の漢墓が発掘され,8号,9号,10号の3墓からは総計434枚の簡牘(かんとく)が発見された。墓中から出土する簡牘はほとんど書籍かもしくは副葬品の品名と数量を記したいわゆる遣策(けんさく)のいずれかであるが,10号墓からは郷村の戸口や田土の数,徭役や徴税の記録と考えられる内容のものが含まれており,史料としてたいへん貴重である。…

【木簡】より

…冊の例でもわかるように,漢字には木簡に関する文字が多くあり,それだけ概念が発達していたことを示す。簡は本来竹製の〈ふだ〉を意味し,木製は牘(とく)や札で表記し,竹簡・木牘の意味で簡牘というのが本来の呼称である。漢簡では,漢の1尺に当たる約23cm,幅1cmのものが標準で,2尺のものを檄(げき),3尺のものを槧(ざん)といい,2行書く幅のものを両行,書く面を3面以上作ったものを觚(こ)と呼ぶ。…

※「簡牘/竿牘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

簡牘/竿牘の関連キーワード江陵鳳凰山漢墓官曹事類目録シャバンヌ薩南学派エチナ戸籍帛書漢簡

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android